未経験での転職

未経験からのネットワークエンジニア転職で事前にやるべきことまとめ

未経験での転職に不安はつきものですよね。
こんな不安を抱えていませんか?

  • 事前にどんな勉強をすればいいのか?
  • 資格の取得は必要なのか?
  • ほんとうに転職できるのか?
  • 仕事が忙しいけど転職活動はできるのか?

新しい業界や職種など未経験での転職は、知らない世界に飛び込むことになるので、不安は大きくなりがち。
そんな不安をかかえながら、ネットワークエンジニアを目指しているあなたに向けて筆を取りました。

この記事では未経験からネットワークエンジニアに転職する際にやるべきことをまとめています。
あなたの不安を少しでも解消できれば幸いです。

本記事の内容

  • 未経験からネットワークエンジニアへ転職するためにやるべきことは?
  • 未経験からネットワークエンジニアへ転職するためにやったほうがいいこと

未経験からネットワークエンジニアへ転職するためにやるべきことは?

結論から申しあげます。
未経験からネットワークエンジニアへ転職するためにやるべきことはありません
いきなりタイトルを覆すようですいません(笑)
でも、事実です。

IT業界はすさまじい人手不足に見舞われています。
DODAが調査した求人倍率レポートを見るとおわかりいただけると思います。

社会全体が人手不足といわれており、求人倍率は2.19倍。
IT業界を見てみると、なんと6.3倍です。
他の業界と比べてみても、群を抜いて人手不足ということですね。

企業はとにかく人手がほしいことになります。
未経験でも人材を獲得したいのです。
そのため、転職はわりかし簡単にできます

ただし、1つだけ条件があります。
それは、34歳以下ということ。

中途採用だと当然スキルが高いほうが有利です。
35歳以上になると企業もそれなりにスキルを見ます。
年齢が高いほうがより経験やスキルを見られますので、「未経験の35歳」はさすがに企業も採用をためらうでしょう。

ですが、未経験の35歳以上でも転職が絶対無理という訳ではありません。
予め知識や資格を取得していれば、転職できる可能性はあると思います。
以下の内容を読んでいただき転職の成功率をあげていきましょう。

未経験からネットワークエンジニアへ転職するためにやったほうがいいこと

前項で「未経験からネットワークエンジニアへ転職するためにやるべきことはありません」と名言しました。
やるべきことはありませんが、やった方がいいことはあります
「やった方がいいこと」とはそれをやることで、よりよい企業に転職できる確立を増やす作業です。
簡単なものから順に説明します。

1.賢く転職エージェントを選ぼう!

仕事をしながらだと転職活動に時間を割くのも大変ですよね。
そこで、転職エージェントの選定は、コツをつかんで効率的にやりましょう。

以下の記事にまとまっていますので是非活用してください。

働きながらの転職活動って時間取れる?実際にやった効率的な転職活動のコツ働きながらの転職活動、時間を取れるのか不安になりますよね。転職活動が初めてなら、なおさらそう思うでしょう。転職活動は意外とやることが多くあります。履歴書を始めとする資料の作成、求人情報のチェック、面接対策、応募求人の管理、面接スケジュール管理、メールの確認と返信、実際の面接…。...

2.あらかじめ勉強して、ネットワークの知識を身に付けよう!

あらかじめ勉強して、ネットワークの知識を身に付けておくといいでしょう。
採用面接でも「こんなことを勉強している」と言えますのでアピールになります。

勉強の仕方については以下の記事にまとめていますので参考にしてください。

ネットワーク初心者のための厳選勉強3サイトまとめ【現役SEお墨付き】インフラエンジニアのtakです。駆け出しネットワーカーの皆さんのための勉強サイトをまとめました。初心者の場合、ネットワークは以下の3サイトで基本的な知識を得ることができます。 3分間ネットワーキング(3Minutes NetWorking) ネットワークエンジニアとして ping-tネットワークエンジニア御用達のサイトばかりですので活用していきましょう。(サイト作成者様に感謝)...

3.無理しない範囲でネットワークの資格を取得しよう!

ネットワークエンジニアは他のエンジニアに比べ、資格は強みになります。
ネットワーク資格のスタンダードはCCNAという資格です。

CCNAの半分の範囲の下位資格がCCENTになります。
時間が取れるのであればどちらかを取得しておいた方が転職活動で有利です。

以下の記事にCCNAとは?とCCNAの取り方をまとめています。

素人でもCCNAに絶対合格できる勉強方法を現役インフラSEが伝授!どうも、インフラSEマンです。今回はネットワークエンジニアのデファクトスタンダード資格、CCNAのお話です。スタンダードな資格なのに受験料が異様に高いんですよね。もっと受験料安くしてくださいよCiscoさん。無駄話は置いといて…。CCNAを取得した当時、私はITの知識がほとんどない状態ででした。勉強を始めた時は既に社会人です。働きながら試行錯誤をし、勉強方法を確立しました。それを活かし、その後に受験したCCNP(ROUTE、SWITCH、T-SHOOT)もそれぞれ1発合格しました。その方法を公開します。...

まとめ

いかがでしたか?
未経験からネットワークエンジニアになるために”やるべき”ことはありませんが、”やった方がいいこと”があるのはわかって頂けたかなと思います。

働きながらの転職活動になると資格の取得はおろか勉強する時間を取るのも難しいかもしれません。
ですが、転職エージェントは転職で誰もが利用すると思いますので、効率よく選びましょう。

  • ネットワークエンジニアになるためにやるべきことはないが、やった方がいいことはある
  • 転職エージェントを効率よく選定する!
  • 時間が取れるならあらかじめ勉強する!
  • 時間が取れるならCCNAを取る!

オススメ転職エージェント

圧倒的求人数!登録必須! ▶ リクルートエージェント

IT特化!エンジニアはココ! ▶ レバテックキャリア

20代専門!20代にオススメ! ▶ マイナビジョブ20’s

ABOUT ME
tak
tak
エンジニアの傍らメディア運営やっています。 高校をやめ音楽をやっていましたが、紆余曲折を経てITエンジニアに。複数回の転職を経て収入UPに成功。管理職や人事も経験。フリーター・第二新卒を始め、未経験でのエンジニア転職をサポートしています。